初めての実弾射撃ガイド

どこで撃てるの?
海外であればグアムやハワイ、近場であれば韓国、またはタイなど東南アジアなどの国で撃つことができます。
どうやって行けばいいの?
まずは行きたい射撃場を当ホームページ内から探してみてください。予約欄を確認し、予約が必要かどうか確認します。大手の野外射撃場などは予約必須が多く、ホテルの近くにある室内射撃場などは予約が必要ないことが多いです。

面白い銃は?
撃ちたい銃はやはり自分で選ぶのが面白いでしょう。映画やアニメで有名な銃でもいいですし、デザートイーグルという銃に代表されるような威力の高い銃もあります。分からなければ大体はお勧めを聞けば選んでくれます。また実弾ならではの反動や迫力だけでも十分面白く感じるはずです。

私は女性で力がないのだけど?
問題ありません。銃といっても本当に様々です。22口径の拳銃など小さい子供でも撃てるぐらいの反動の銃もあります。またショットガン(散弾銃)は結構反動が強いですが、構えがしっかりしていれば女性でも子供でも問題なく撃てます。

いくら必要?
人によって様々です。日本円にして6000円ぐらいから体験できます。室内射撃場であれば予め決められたコースがあり、その中から選ぶことができます。もちろんもっと撃ちたい方のためのコースも用意してあるところが大半です。相談すればコース内容をちょっと変更することができる射撃場も多いです。

撃った弾(薬莢)を持ち帰りたい
射撃後にお土産で薬莢をくれるところもよくあります。しかしグアムの現地空港の係官によっては没収してしまうこともあります。保障はできませんが、持ち帰りたい場合は必ず機内持ち込みではなく預ける荷物の中に入れましょう。ただ帰国時の荷物検査で問題になる可能性があります。